基本技術編

どうやったらヒットが打てるのか? どうやったらコントロールが良くなるのか?
と言った、野球が上達する上で必要な技術を小学生向けにまとめています。

stockfoto_22051641_S

キャッチャーの見せ場!キャッチング・スローイング編

2012年5月30日

少年野球のキャッチャーも、このキャッチング・スローイングがバシッと出来るようになると、楽しくなってきます。 また、強肩を発揮し盗塁を阻止できるキャッチャーは信頼もされますし、なによりゲームが締まり、盛り上がらいます。 バントと同じように一見地味なポジションに感じますが、そのプレーは勝敗に大きく関わってきます。 そして配球やゲームの組立てが出来るようになると楽しくて仕方がないポジションです。 頑張りましょー!...

» 続きを読む


xf1435052160x

投打に使えるトレーニング法

2012年5月25日

今回ご紹介するトレーニング法は、野球肘の予防にも効果が期待できるし、バッティングの際の手首のコネ防止にも効果が期待できる、一石二鳥の内容です。 アレもコレも沢山のトレーニングを取り入れて嫌になるようでしたら、今回紹介する投打に使えるトレーニングを使って効率的に長続きさせるのも良いかもしれませんよ。 レーニングをして...

» 続きを読む


1061539

【後編】野球肘の防止トレーニング

2012年5月23日

前回は、肘から手(前腕)の筋力強化を目的としたトレーニングを紹介しました。 今回は、肘から肩(上腕)の筋力強化を図って行きたいと思います。 上腕二頭筋(力こぶ)の強化と聞くとムキムキした筋肉を想像するかも知れませんが、このトレーニングはそういった筋肥大を目的としたものでは有りませんので、低重量(高学年でも1kg程度でOK)のダンベルなどを使って行います。 長く続けられるようにしてほしいトレーニングです。...

» 続きを読む


boy pitching

野球肘の防止トレーニング

2012年5月23日

発症のピークが小学校5・6年生と言われている野球肘に関しての故障防止トレーニングを取り上げてみました。 見聞きしたことのある筋トレですが、ポイントや筋肉の場所などが分かっていれば効果も倍増します^^  地味ですが、ピッチャーを目指すのであれば取り組むべきトレーニングですので、テレビを見ている時間などにやれると続けられると思いますヨ。...

» 続きを読む


Batter

内角外角の苦手意識をなくす

2012年5月19日

外角・内角の厳しいコースを打ち返す技術は、野球を続けていく上で避けては通れない課題になります。 私の場合、外角は本当に苦手でしたが、内角球に関しては絶対の自信がありました。 なので、外角は全てカットする。 この考えでも、そこそこは大丈夫でした。 しかし、内角もあまり得意じゃない。 外角は苦手。 こんな感じですと、高打率は当然望めません。  センターより右に打つ感覚は、小さいうちから体に覚えさせておいても絶対に損はありません。 是非、自主トレなどのメニューに加えて欲しいと思います^^...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 7 11