バッターボックスでの重心とステップ

re_019

こんばんは。

先日 仕事が暇だったので、3時ごろからぶらりと外出。
滅多に無いことなので、野球を見ようという気持ちなどは全く無かったのですが、
近所の野球場の近くを車で走っていると、ユニフォーム姿の小学生が数人見えた。

こんな筈ではなかったのですが。。。ついつい観戦。
数チームが集まっての練習試合かな? 

約30分ほど少年野球を観戦できました^^
今は観戦していても、技術的なことなどは気にならないのですが、先日はちょっと
気に掛かった。  両チームとも数名居たので、このブログを見てくれている方々にも
参考になるかと思い書いています。

  • バッターボックスでの重心
過去の記事にも書いていますが、バッターボックスで構えた時の重心の掛け方は、
軸足(右打ちなら右足)の方にやや掛かります。 左足4:6右足これが限度だと
思っています。 左足のほうに体重が掛かるのは最悪です。

そしてそれぞれの足の内側に有るべきだと思います。

↑簡単すぎますが、こんな感じです。
意識しなくても大半の子はこういう重心の置き方になると思うのですが、
先日見た少年野球チームでは出来ていない子がやけに目立ったので。。。


  • ステップした足の向き
次に構えから、ステップした時の足の出し方も結構出来ていない子が多かったです。

↑またまた簡単な説明ですが、ステップした時に既に前足のつま先がピッチャーの
ほうを向いている子が沢山居ました。 やって見ると分りますが、そう踏み出すと
左膝は折れるか、逃げますし、腰も開いてしまいます。

ステップはやや踵(かかと)から入るイメージで、しっかり拇指球で踏ん張り、
左の膝から下で体重の移動を受け止めなければ強い打球は打てませんので。

あまり意識させる必要の無い部分ですが、出来ていない子にはキチンと
指導しなければいけない部分です。  


  • 細かい動きの確認方法
最近はビデオ撮影して、選手の癖や細かい動きなどをチェックしておられる
方を良く見かけます。
やはり見るだけでは、なかなか指導できるところまで動きは見えませんので
動画も良い方法だと思うのですが、せっかくですから、その動画を連続写真
のように並べて確認すると、より分りやすくなりますので是非やってみてください^^
今まで見えなかった部分がきっと見つかります。

いつもじゃなくても良いと思います。 スランプの時などは非常に効果的です。




沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


コメント一覧

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー