少年野球で使うボール

ball

少年野球のボール

少年野球のボールは、『全日本軟式野球連盟』が定める公認球となっています。
但し、公認球以外にもそれに準じた種類の他の軟式球は販売されているようです。

ボールの見本


↑硬式球            ↑軟式球

ボールの遍歴(歴史)

昭和26年(1951年)
従来使用していた軟式ボールをA号 (少年=中学生~一般:直径70±0.5mm)
新しく参加した準硬式ボールをB号 (準硬式:直径72±0.5mm)
学童用の軟式ボールをC号として公認(学童=小学生:直径68±0.5mm)
その後L号球ができ一般成人の公認球を追加(直径72±0.5mm)

昭和60年(1985年)
それまでのA号・B号・C号・L号の名称と意匠を若干改良し再定義
A号(一般成人)、B号(少年=中学生)、C号(学童=小学生)
D号(学童=小学低学年=直径64~65mm)、H号(準硬式)
*D号以外は上記と同じ直径です
↓↓僕が少年野球やってる時はこのボールでした↓↓


平成18年(2006年)~現在
55年ぶりとなる公認球変更
A号・B号・C号のディンプル(表面の凹凸)をなくした新球が認定された。
大きさ・重さ・反発力は旧認定球と同じとされていますが、飛距離の10%UP
が計られている。 その他、投手の変化球が投げやすいとされています。
学童=小学低学年のD号は変更なし。

沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー