少年野球の歴史

少年野球に中心をおいて書いてますので御了承下さい^^

伝えられたのは⇒アメリカ
時期は⇒明治時代

アメリカから伝わった当初から既に人気スポーツになった。
当時から中等学校・高校・大学などの全国大会が盛んに行われていたようです。

その後、明治後半~大正初期では一時競技人口が減少していた時期もあった。
⇒原因は、当時のボールなど道具に対する不満等が主

 

転機が訪れる

大正8年(1919年)に神戸のゴム会社(東伸ゴム)が、世界で始めての
軟式ボールを発売したことがきっかけで、
あっという間に少年野球人口が急増したと言われています。

軟式ボールの発売翌年(大正9年)には神戸で大日本少年野球協会が発足されて
本格的な全国大会まで開かれるようになっていく。

昭和に入ると神戸の協会が中心となって一般社会人を対象に日本軟式野球協会を設立し、
一般市民のスポーツに定着していった。
この協会が『軟式野球』の名称のきっかけになる。

その後、第二次世界大戦の激化などで野球の開催が規制された時期もあった様ですが、
終戦の後は、東京都の軟式野球連盟が中心となって『全日本軟式野球連盟』を設立。

更には、少年野球の普及を目的に昭和45年(1970年)に小学生=学童の部と
中学生=少年の部による本格的な大会も始まる様になって行きました。
ちなみに準硬式野球も軟式野球の一部に分類されています。

僕も勘違いしていたのですが、
小学生の野球を「少年野球」と思ってました。

正しくは↓
少年野球=中学生
学童野球=小学生
これが正式の名称のようです。

沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー