自主練習(少年野球守備編)

7884895

こんにちは^^

前回から家庭での自主練習についてお伝えしています。
前回の打撃編では、基本の習得・シャトルティー・発泡バッティングなどを
オススメしました。  是非、取り組んで欲しいですが、やっぱりダラダラするより
目的をもって練習して欲しいです。 後々、差がでちゃいますからネ。

打撃編ではお伝えしてませんが、腱を伸ばすくらいの準備運動はしたほうが
良いですね。
今回の守備編では、必ず、ウォーミングUPは入れてください。
軽いストレッチ程度でもいいと思いますので、必ずやってくださいネ。 投げる
動作というのは非常に負担がかかります。 ちょっとしたことが引き金で故障
したりしますので、自主錬でも要注意です。

では今回は、守備編です。

  • 自宅での守備練習(投手含む)
1番目は、キャッチボール

これは誰がなんと言ってもキャッチボールだけは外せませんね! 特に初心者なら
尚更です。 徹底的にキャッチボールをやりましょう。 不思議なことにキャッチボール
って飽きないですよ^^ あまり面白くなさそうですけど、実際やってみると1時間くらい
平気でやれます。 ただ自主錬なので、やっぱり目的もって。 とにかく相手の胸から
外さないように、そして捕って早く投げる練習など間に入れる工夫をしてください。

相手が居なくて出来ない子は、壁当てでいいですよ。  出来れば壁に的(何でもOK
です、◎でも、ストラックアウトの数字みたいなやつでも)を付けてやると効果的です。
注)壁当ての場合フォームが適当になる傾向があります。 しっかり基本を守って。

2番目は、捕球練習です

これは言葉では、なかなか伝えられそうに無いので、動画を使わせて頂きます^^
楽しくやっていいと思うのですが、とにかくゴロの補給に慣れる事が重要です。
子供一人でやるのなら、壁当てでもOKだと思います。
出来ればゴロ捕球から送球の体制に入るところまでを一連の動作として体に覚えさせたいですネ。

▼家の中でも出来そうです▼


▼一人でも出来そうです▼


▼壁当てです一人でも出来ますし、一連の動きが体に染み付きます▼


▼オマケですがプロでもこんな地味な練習やってるんです▼


では、今日はこの辺で。。。
たいした内容になりませんでした^^; スミマセン

最後まで読んでくださって有難うございました。

次回は自主練習、投手編をお伝えしようと思います。 またご訪問ください。

追記)
ちなみに、ちょくちょく出てくる野球用品ベースボールタウン
トレーニング用品の中に、守備練習用品っていうのも有ります^^
補給動作のトレーニング用品や指力・握力・動体視力・反射神経を鍛えるボールなんてのも有りますので、
参考になると思います。

沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー