少年野球 バッティングスランプ脱出方法

3925096

こんにちは^^

やっと本調子になってきました!
やっぱり健康って本当に大切です。

それでは本題ですが、
今日は、少年野球でのスランプ脱出方法について考えてみようと思います。


先日 昔から交友のあった、隣町の監督さんから聞いた話です。
(お見舞いに来てくれた時に語りました)

打撃でのスランプ脱出法で、
なかなか効果的な方法を発見したそうなんです。

私が少年野球を指導していた頃も、打撃に関しての相談は非常に多かったです。
私はそもそも、少年野球のスランプなんて、有って無い様な物だと思ってる方なので、
ちょっとしたスランプの時は、フォームをアレコレ指導するのは逆効果だという考えから
何もアドバイスせずに見守っていました。

確かに大きく崩れてしまった子供には、フォームも検証し指導する事もありますが、
大半の子供は、ほんのちょっとした事なんです。 2.3試合ヒットが出ない。 5試合
ヒットが出ない。 この程度なんですね。 ここで、納得できる練習をしてる子は、
たった一本のヒットですぐに調子が戻ってきます。 いじる必要なんて無いんです。

ただ、納得できる練習・・・
これなんですね。 しっかり打てているか? 気持ちがスカッとする位打てているか
なんですね。  簡単に言うと根拠の無い自信の様なものでしょうか。

ただ納得出来るくらいにしっかり打ち込ませる練習となると、チームの打撃練習だけでは
難しいのが現実です。 15人に5分づつ使っても75分必要ですからね。


このことで、監督さんも随分頭を悩ませていたそうです。
付きっ切りで指導など出来る訳もなく、また、その子だけを見ていては
「エコヒイキ」
なんて言われかねないので、なかなか良い方法がなかったそうです。 

そこでこの問題を解決してくれたのが、
このブログでも何度か登場している『楽天市場のベースボールタウン』の
トスマシン!です。
しばらくこの話題で盛り上がってしまいました! 「このショップは面白いって」
ホントに欲しくなるものが沢山あるんですよー。。。

っと、また脱線しそうです^^


↓これなんです。  これが、ただのトスマシンではないんですよ! 全自動なんです。

過去にこのショップを紹介してもらった時に、私も『いいなーこれ』って思ってたんです。
全自動ってとこがポイントですね。 一人でも出来ますしね。  

  • 注意点
監督さんからのアドバイスなんですが、小学校高学年の子供に使うには、
ちょっと物足りないそうです。 作りも貧弱なんで、低学年用でちょうど良いくらいとか。
で今は、このウレタンボール用は低学年の良い遊び道具?
いやいや^^;練習道具になっているそうです。


  • コレに買い替え
1ヶ月使用して練習用具として使えそうだったので、
今は↓この軟式用の本格的な奴に買い換えて使ってるとか。





コレだけじゃ、これが良い方法??って話ですよね。
そうなんです。 全自動でただ打たせてるだけじゃないんですよ。
このマシンを使って、子供がしっかり打ち込みたい時、又打ち込ませたい時に、
スカッとするまで思う存分打たせてやる。 
そしてそのバッティングフォームを前からビデオ撮影し
(三脚は必須)子供自身に見させて、自分のフォームを練習後に報告させるそうです。
  1. 少し開いていました
  2. 左肩が上がってしまってました
  3. 前のめりになってました
  4. ためが足りないようです


などなど、子供の感想と反省が沢山上がってくるんだそうです。
一通り聞いたら、そのことについて、
基本だけ説明して明日リベンジするように指導します。

例えば、
「もう少し球を呼び込んで、左肩が開かないように意識して打ってみよう!」
って感じで、

そして次の日は、子供の反省をしっかり踏まえて、もう一度打ち込ませる。 
当然、ビデオ撮影もします。 

これが、思ったより、子供たちの自主性や観察力を養うのか分りませんが、
なかなか良い結果を出してるらいしいです。 

確かに、話を聞いた時になるほど、って思いましたねー。
自分で見させて自分で納得させることが重要で、これだとやる気も促します。

わざわざトスマシーンなんて買う必要も無いのですが、
フリーバッティング時にたった20スイング程度ビデオ撮っても、
なかなか見つけられないんですよね。

やっぱり打ち込ませて、
自分の癖やバランスの崩れなどを見つけるのが非常に重要です。

これでしっかり打ち込ませて手応えを感じれば、自信にも繋がりますし、
きっと早くスランプから脱出できるのではと思いました。

チーム事情も色々有りますしね。 
特に指導者や部員が少ないところはしっかり打ち込ませたり、
自分のフォームをじっくり観察させたりすることは難しいです。

上記の様なアイテムを使って補うと、
すごく効率の良い練習も組めると思いますし、子供も喜びます。

監督さんのチーム、今では練習前から自主的に使ってる子が毎日いるそうです。


※注)保護者による管理をしっかりしてくださいネ。 
ゲージの組み立てなんかもありますし、子供だけでは無理ですから。


  
沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村




コメント一覧

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー