野球の神が降りてきた!

let0012-012

土曜日に昔の教え子から電話があり、
「A監督 明日、試合を見に来てくれませんか?」と、

私は9時半には仕事を始めなくてはいけないので、
「ごめんな。 仕事で行けんのだよ。」 と断った。

が、
「分ってます。 でも試合 8時からなんですョ。場所もM球場なんです」 

M球場は職場から5分ほどの場所。
8時からだと言うので、1時間はゆっくり見れる。

で、なんで8時なの? そんなに早い試合があるのか?


なんでも、監督同士が凄く仲がよいらしく、練習試合の前に
せっかくだから新入部員だけで、力試しの試合をさせようと。
恐らくノリできまったんだろうけど。 
それでも、みんなの実力を見るには良い機会だし、いい企画だと感心した。 
自分達も早起きしないといけないので、熱心な監督なんだろうと。
同時に、この時期に新入生だけで練習試合を組むなんて
かなり変わった監督さんなのだろうと。。。

とにかく、こんな機会もめったに無いので喜んで球場へ。
心配していた雨も降らず、試合がはじまると、

早速、1回表の攻撃からビックリ! なんと、4番がF君。
しかも、体が物凄く大きくなってる。

そして、1打席目
「キーン」っと硬球の気持ちよい音。
真正面だったが、まさしく弾丸のレフトライナー。

マジか?!・・・。 
あのF君とは思えない力強さと、スイングの速さ。本当に目を疑いました。

続く、第二打席
「キーン」っと、一打席目にもましていい音。
今度はセンターオーバーのツーベース。

時間もギリギリだったけど、もう一打席見れそうだったので、粘った。


第三打席
「カキーン」と物凄く澄んだ音。
一瞬入った! と思うような特大レフトフライでした。 

ちょっと上がり過ぎかな。

しかし、どれも、完璧に振りぬいた打球!  
こんなに驚き、鳥肌が立ったのは、久しぶりのことでした。


涙が出そうなんですが、通り過ぎて笑っちゃってました^^


その夜、仕事が終わって早速電話しましたョ。
「ビックリした。 ホントに神様が降りてきたな」
「中学の時はどうだった?」と聞くと。

「中一の時は一度も、試合どころか練習のフリーバッティングもさせて貰えませんでした」
「で、中二になった時、初めて、上手くなりたいと思いました。 打ちたかったんで」
「毎日、練習から帰ってきて、素振りとランニングをしました」
「3年になって初めて、二軍で練習試合などに出してもらえる様になって」
「最後の夏の大会は、6番センターでした」


高校に入って5月の末に、監督さんから
「Fお前、何したい?」 
「試合に出たいか?」と聞かれたそうで、

F君は
「いえいえ、とにかく思いっきり打ってみたいです」と答えたそうで。 
そしたらその後すぐにフリーバッティングをさせてもらったとか。 


恐らくですが、彼の必死な姿に監督さんも感心したんでしょうね。
いつも一番にグランドに入って準備して、帰りは最後まで片付けと、手入れをしてたそうです。
同級生で目立ってた子からは、お前バカじゃない! なに頑張っちゃってるの?
て冷やかされたそうですが、F君は2ヶ月続けたそうで。 
というか、もう小3の時からずっとですから、8年近く続けてるんですけどね。

その夜は、嬉しかったですねー。
いい年ですが、自分自身についても考えさせられました。
好きなことに一生懸命になれるって事は、才能に勝ることもあるんだなと。
イヤイヤ、一生懸命だったから才能を引き出せたのかな?・・・


彼の転機は、中学1年の時一度も打たせてもらえなかった事です。 
とにかく思いっきり打ちたかったので、どうしても上手くなりたかった。 
そこからですからね。 

いやー、参りました今回は。

このまま伸びてくれれば、本当にプロに行くんじゃないかと期待してます。
すくなくとも、社会人野球で活躍はしてくれると思います。



私の知っているF君
本人も、
「僕ヘタクソだから・・・」といつも控えめな言動が似合う子供でした。

みんなで集まった時も中心選手の後ろから笑顔で相槌をうっている子供でした。

私はF君が小3の時に監督を辞めたので、その後をじっくり見たわけではないけども、
小6の最後にやっとレギュラーになれたと大喜びして報告に来てくれた子で。

本人が言うように決して上手くなかったし、私から見ても、レギュラーになれて
本当に良かったと、ビックリするくらいの子供だったんです。

でも、F君は本当に頑張る子で、いつも球拾いや、ノッカー補助、道具の手入れを
率先してやってくれてたので、

私は
「いつもみんなの倍働いてくれて有難う」
「そんなに頑張ってんだから、いつか野球の神様が降りてくるぞー」
と、

臭い励ましの言葉を掛けていたのを思い出しました^^;

そんな言葉にも、本人は
「僕ヘタクソだけど、たまに打たせてもらえて、思いっきり振ったバットに
 当たったら、鳥肌が立つほど気持ちが良くて嬉しいんで」 
「だから、打たせてもらうためにみんなの役に立たないと」

と、泣かせる事を言ってました。


そんなF君が・・・

正しいことを続けていれば、いつか神様は降りてくるんですね^^

人それぞれで、野球の神様ではないかも知れないけれど、
必ず降りてくるんですよ^^



追記)
中学の頃の事を思い出しました。 
私は中心選手だったので、球拾いや用具出し等はしたことがありません。 
同級生には一度も試合に出れない人たちが数名いて。
いつも私たちの為に、ベンチから大声で盛り上げ、
時には居残りでバッティングピッチャーをやってくれたり、嫌な顔一つせずに。
練習も休まず。 

威張らず謙虚で。 

その中で二人。 本当に野球が大好きで、たまに監督がいない練習の時などに、
フリーバッティングを回してあげると、「マジ? 打たせてくれる^^」
って最高の笑顔で。

その時は、彼らに感謝もしなかったです。 

凄いとも思わなかったし。

でも大人になって、振り返って考えると、私たちレギュラーは全員で、
あいつら凄いなって。 集まる度にその話題になります。 

その二人には、野球じゃない神様が降りて来てます^^


沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー