少年野球の故障防止にインナーマッスル

xf1275019466l

インナーマッスルってどんな筋肉?

野球肘、野球肩の予防やリハビリなどにも取り入れられている
インナーマッスルのトレーニングが最近流行ってますよね?

私の周りだけかな? チラホラ聞くんですよねー。
雨の日は室内で取り組んでいるとか、投手捕手は別メニューでさせているとか。

よく目にするのが体幹トレーニングで、プロ野球選手の自主トレなどの
ニュースで取り上げられます。 
二人でゴムを巻いて引っ張る光景。 
後ろの人の負荷のかけ具合にコツがいるようですがあんなのもそうです。 

私の場合、インナーの反対、アウターマッスルばかりを鍛えてましたので、
硬い筋肉に覆われ故障しやすい体になってしまいました^^;  

胸の筋肉(大胸筋)や二の腕(上腕二頭筋)、太もも(大腿四頭筋)が
アウターマッスルの代表ですかね。(注:上の画像は私ではありません^^;)

では、インナーマッスルはどこの筋肉? って疑問が沸いてきますよね?!

調べてみました^^
インナーマッスルは体の中(骨や関節に近い方)の筋肉で深層筋などとも
呼ばれるんですが、具体的にどこかの筋肉を指しているのではないようです。

纏めると、体の内部の筋肉全ての総称で個別箇所ではなく、アウターマッスル
との区別も明確な定義はない。 こんな感じです。
ただ、普通の筋トレではなかなか鍛えられない特徴があるようです。

じゃー、体幹はどこの事?ってなりますが、
これは、体の幹(木で言うと中心の幹部分)を指している様で、胴体部分の
筋肉全体(内も外も)を言ってるようです。

インナーマッスルに戻りますが、
この、体の内側の筋肉。 一番重要な点は、関節の動きを補助する役割を持っている点。
(体の動き全体をスムーズにさせる)

野球で言うと、ピッチャーの投球時。 肘、肩はすごく複雑で、負荷のかかる動きを
するんですが、その動きを補う役割を果たします。 (極力負担をかけない動き)
だから、インナーマッスルを鍛えることで故障しにくくなる。 
すごく重要ですよね。

日常生活でも、このインナーマッスルが強いほうが、関節に負担を掛けずに
スムーズに動けますので、色々な生活のシーンで差が出てくるようです。 

スポーツともなれば、骨や関節に想像を超える負担がかかります。
その良い例が、このブログで何度も出てくる肘の故障です。 
子供が簡単に剥離骨折までしてしまうほど、負担がかかってしまう投球動作。 
投げることで、骨が剥がれてしまう程の負荷・・・想像できませんよね?!

逆に言うと、このインナーマッスルがほとんど鍛えられていない状況で、
無理な動きをする為に故障してしまうとも言えるのかも知れません。。。。

っで、今日はこのインナーマッスルの鍛え方を探してみました。

得意? のYoutubeで。。。
ですが色々な方法や体制、用具などあって良くわかりませんでした。
肩に関しては、昔から良く聞いていた、チューブトレーニングが見つかりました。

  • エクスターナルローテーション
Produced by 筋トレTV

  • インターナルローテーション
Produced by 筋トレTV
あくまで、こんなトレーニング方法なのかって感じで見といてください^^
  • ご注意を!
準備体操なんかは、体をほぐす動きなので、極端に言えばどんな体操でも、
危険は伴わないと思います。ほぐれればよいわけですから。(効率に差が出るとは思いますが)
 
しかし、鍛えるとなると話は別で、間違って取り組むと鍛えるつもりが逆にもろくなったり、
故障の原因になったりします。 是非、うかつに取り入れたりせずに、参考になる書籍
やDVDなど実績のあるものを選んで頂きたいと思います(野球肩や肘に関してです。 
上記のサイトも非常に素晴しいサイトです。 しかし、野球に特化してるわけでは
なく一般的な筋トレを紹介されています。 効率面や重点度などを考えますと、
専門の書籍が必要ではないかと思います)


ココからは余談ですが・・・
実績のあるものと言えば口コミ情報や商品レビューを参考にするのも手ですね。

私は良く楽天やamazonで買い物をします。 最近、時間がない事もあるのですが、
普通の店舗で買うよりも、ネットの買い物のほうが多くなってきました。
そのとき良く利用するのが、楽天やamazonの口コミ・レビューです。
この総合評価が4以上(5点満点中)あれば、そんなに酷いものには当たりません。
せっかくなので注意点を、それは総合が4以上であっても、チラホラ2とか3が見当たる
ときは、コメントまで読みます。 
ココまで慎重に選ぶと、ほとんど外れません。(ただし、食べ物・飲み物などは別です)

初めの頃は、送料が気になってましたが、ポイントを利用していけば、
そんなに損した気分にもならないです。 
送料無料やポイント3倍・5倍・10倍などのキャンペーンなども気にしていると、
送料ぐらいはいつも補ってくれます。 参考までに。


沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


コメント一覧
  • スポーツをしていると怪我には泣かされますよね。
    インナーマッスルを鍛えることで怪我の防止につながるのなら、しっかり鍛えておきたいものです。
    日々のトレーニングに取り入れて、怪我に悩むことなく思う存分野球を楽しませてあげたいものです。

    私のブログにも様々なトレーニングの情報が寄せられていますが、皆さんいろいろ工夫されているようですね。


    | 全国の少年野球チーム応援ブログ管理人

    • コメント有難うございます!

      故障は本当にかわいそうです。 しかも想像以上に多いようです。
      最近、遠征など積極的に行ってますから試合数が多いですよね。 
      是非、各チームの指導者の方には、投球制限と投手の複数制度
      をがんばって欲しいです。

      応援ブログにもちょくちょく遊びに行かせてもらいます^^


      | ankou

  • ヤフー知恵袋に載っていたので、見に来ました。 動画を使って、うまく説明されていて、分かりやすいです。 野球の説明って文字じゃーわからないから。


    | J.BOY

    • コメント有難うございます^^

      知恵袋ですか??  私は知恵袋使いませんけど・・・

      動画の件は、自分の言葉では伝える自信が無いからです。
      私が頑張っているのは、分かりやすい動画を探しているだけですね。
      でも、これって結構時間が掛かるんですよー。 なんせ凄い数の
      動画がアップされているので、運が悪いと紹介できるものを探すのに
      1時間掛かったりします^^;  
      又訪問してくださいね。 


      | ankou

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー