ヒットを量産する打ち方

3925096

今日は子供達の大好きなバッティングについてのまとめです^^

バッティングに関しては、本当に沢山の意見や考え方があります。
子供達も今から、色々な場面で自分のバッティングに悩むと思います。


どんな打撃理論が正解なのか?  

それは・・・分かりません^^;

しかし、コレだけは間違っていない考え方だと思うのは、
自分にあった打撃法を探す事だと思います。

これは、小学校・中学校・高校と野球を続けていく過程で悩み、研究し
探していけばいいと思うんです。

そこで今日は、野球を始めたばかりの状態の子供達に是非是非
見て欲しい動画を紹介したいと思います。

ちょっと長くなりますが、3つの動画です。 他にも沢山あるんですが、
この3人は、間違いなく日本野球人の打者の頂点ですよね^^

マリナーズのイチロー選手
ヤクルトの青木選手
ソフトバンクの内川選手

やっぱり右利きが圧倒的に多いですから、特に内川選手なんかは、
フォームがシンプルなので、見て勉強になりますね。
そして非常にわかりやすい説明をしてくれます。
機会があれば、内川選手の動画全部見ても損はないですよ。



マリナーズ イチロー選手(特に1分48秒~)


ヤクルト 青木選手(特に1分27秒~)


ソフトバンク 内川選手(特に3分25秒~)


  • まとめと注意点
どうでしょうか? あくまでイメージですからネ。 まねした方が良いと
言っているのではありませんから注意してください。

難しい表現なんか使っている方もいますが、
3人とも言っていることは同じことです。

一番ヒットを打つことで重要なことは、
体を開かないと言う事、右肩(右打者では)を出さないと言う事、しっかり軸足に
体重が残り、できる限り自分の近くまで引き付けるということです。

よくプロ野球選手のフォームをまねする光景を見ますが、あまりお勧めしません。
出来ないんですよね。 同じようには。
体が全然違いますからネ。 筋力・動体視力・体や腕の柔軟性など、
やはりTOPレベルの物があってこその技術ですから。

だから今は、はじめたばかりの今は考え方(イメージ)だけで十分なんです。
素振りもトスもフリー打撃も、イメージだけは常にする。

軸足にしっかり乗る、体を開かない(右肩を出さない・胸を見せない)、
バットはボールの起動に乗せる(レベルスイング)事を意識する。

これがしっかり出来れば、きっとヒットが沢山打てます!


沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー