少年野球の保護者からの要望が多いもの

baseball(gaiya

こんばんは^^

最悪の事態で、ブログの契約更新を
忘れていました。
(正確には勘違い)

復旧作業が思ったよりも
大変で、
やっとある程度終わった次第です^^;


お詫び


久しぶりの更新になりました^^

実はうっかり契約更新を忘れてしまい、ブログのURLが変わっちゃいました^^;
その手続きなどに時間が掛かってしまって、今日やっと復旧です。

ブックマークしてくだっさってる方、ゴメンなさい^^; 
登録し直して下さい! お願いします。

そして今後ともお願いします!


では、本文です。

前回はチーム関係者の悩みについてでした。
今回は、逆に保護者の方からチームに対してどんな要望が
多いのかについて触れてみたいと思います。

保護者からの要望

要望ベスト5
  1. もっともっと厳しく指導して強いチームにしてほしい
  2. 勝つことばかり考えずもっと楽しく野球をさせてほしい
  3. 選手起用(レギュラーと補欠の選択)の基準を明確に
  4. 保護者の負担を減らしてほしい
  5. 保護者の意見を取り入れてほしい(試合組みや練習方法、イベントなど)

こんな感じです。 

困ったことに、1位・2位の要望は全く逆の意見なんですネ^^;

傾向的には、中心的な選手の保護者の方のほうが、強いチーム作りを要望します。
時には試合中にも関わらず、自らが自分の子供を呼びつけ叱咤激励する光景なども
見受けられます。 
(これに関しては、後日、キチンと面談するようにしていますが)


真逆なんですがどちらも良く分る意見なのでチームの方針を説明して、
どちらにも偏らないようには注意していました。

しかしですね、
野球はスポーツですから、当然、勝ち負けがある訳で、ここに拘らなければ
精神的にも技術的にも、100%の力は出てこないと確信しています。
拘り過ぎることで、子供達を萎縮させてしまい力を出すことが困難に
なる場合も有ります。 この力加減で、恐らくどのチームの指導者の方も
相当、頭を悩まされているのではないでしょうか。

私がチームに関わっていた時は、体罰は絶対禁止でした。 
禁止でしたが、横着なプレーや人間として常識を外れた態度・行動をした
場合は、練習だろうが試合だろうが、呼びつけて大声で注意します。 

三振したから、エラーしたから、サイン間違いしたからそんな問題ではないですよ。
思い切ったプレーでの結果、全力でぶつかったプレーでの結果に関しては、
三振してもエラーしても笑って褒めてやるんです^^


そして、今度は上手くいくようにもう一回チャレンジするように激励します
そんな積み重ねが、子供達をどんどん成長させるんだと10年間で感じました。

今もちょっとした時間の空きに、少年野球の練習や試合を観戦したりします。

酷いチームも確かに有りますよね。 
どこから見てもハツラツとした全力プレーなのに結果が出ないと怒り散らす方・・・

自身がそういう環境で少年野球を過ごしたんでしょうが、これは本当に考えを
改めてもらいたいものです。 
こういう方のチームはよく退部者や故障者が出ます。

当然といえば当然ですね。

ちょっと、話しがそれてきました^^;


今日のまとめとしては、
やっぱり子供達が野球を大好きになれるように
故障せずに一歩一歩 成長・上達していけるように
チームも保護者も協力し合って、良い道を探したいものです。


沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

 

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー