田辺徳雄代行監督ってどんな人?伊原監督「休養」で気になる西武の今後

lions

まさかの単独最下位を独走する西武ライオンズ。

何がおこっているのか・・・


今シーズン伊原監督に代って、
効率化を前面に打ち出した。



その分、
練習時間や構成なども管理され、
厳しい管理下におかれた事も低迷の理由か?

こんな事が囁かれていますが、
本当にそんなものでしょうか?

ユニフォームの着こなしや髭禁止などが
選手との溝を深めた。

プロ選手がこんな理由でパフォーマンスを
落とすなど考えられないですけどね・・・

DSC00564
DSC00564 / shiori.k


数字に表れる最下位の理由

コチラ
プロ野球データFreakさんのサイト
パリーグの成績表を見てみると。

どうですか?

最下位で納得。 ですよね。

打率、得点、失点、防御率などなど
良い数字が一つもない。

どこからどう見ても勝てないチーム成績です。

投手陣はいいんだけど・・・
打撃陣はいいんだけど・・・

こんな部分が全然見当たらないですから^^;

伊原監督の「休養」
これはしかたないですね。
悪い面が全て出てしまった。
そういうことだと思います。


西武ライオンズ低迷のわけ

これまた当たり前の話ですけど、
核となる選手がいないのは痛い。

特に投手陣。

これは今期の楽天を見ても一目瞭然ですけど、
それくらい絶対的なエースの存在はチーム力を
左右してしまいますね。


DSC09227 / shiori.k

岸投手が唯一がんばってくれていますが、
期待の菊池雄星投手も2勝6敗と散々ですし、
助っ人も未だパッとしない状況。

今期は悪い膿が全部でたって感じです。

それに加えて打撃陣も不調となれば
仕方ないです。




気になる代行監督 田辺徳雄代行監督とは

今シーズン残り試合は、
田辺1軍打撃コーチが代行。
tanabe

詳しくはコチラを御覧ください。

西武ライオンズが一番強かった黄金時代(確かリーグ5連覇)
ショットで出場してましたね。

この時期が田辺徳雄代行監督にとっても
一番脂の乗っていた時期でした。

1990年前後にゴールデングラブ賞やベストナインに
選出されています。

伊原前監督同様とても地味なかたですが、
2軍の打撃コーチでは、中島・中村・栗山らを
指導していた実績もあります。

一流選手を盛り上げる資質はありそうです。

さてどんな展開になっていくのか
楽しみでは有ります。 けど・・・

ここまで数字が悪いと
そうそう立ち直るキッカケもないような
気がしてしまいますね。

残念ですけど今シーズンは仕方ないなという
感じでしょうか。。。


ただ、西武ライオンズは私も大好きな
チームです。

記憶に残る選手も沢山いますし、
何より伝統的に強いチームですから。

すぐに復活してくるでしょう。

田辺徳雄 代行監督に期待を込めて!





この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー