由規か大谷か?! 日本人最速投手は誰? 過去の大投手も徹底検証!

Baseball Ball

日本ハム大谷翔平投手が160kmをマーク。

今日、プロ入り後初の160kmをマークしました。
大谷投手にとって160kmは高校時代(花巻東)3年生の時に
岩手県営でマークしており自己最速ではありません。

十分、日本最速男の称号が目の前ですネ。




日本人最速ピッチャーは誰だ

現在の日本人最速は、
ヤクルトスワローズの由規投手 2010年に161km/hをマーク

日本球界最速では、
巨人時代のクルーン投手 2008年に162km/hをマーク

こうなっています。

もう少し調べてみると、
ヤクルトの林昌勇投手、巨人のマシソン投手が160km/hをマーク

ロッテの伊良部投手
オリックスの山口投手
ヤクルトの五十嵐投手
他数名が158km/hをマークしているそうです。

ただ、このスピード表示は、
機器差や球場差もあると言われていますから、
あくまで目安かもしれません。

まとめてみると、日本人最速ピッチャー
1位 ヤクルト 由規投手
yoshinori


2位 ヤクルト 林昌勇(いむ・ちゃんよん)投手
imu

日ハム 大谷翔平投手
ootani

3位 伊良部投手、山口投手、五十嵐投手 他

こんな感じでしょうか。


世界最速は誰?

wikipediaによると、MLB公式な世界記録は2010年に、
キューバ出身  シンシナティレッズのアロルディス・チャップマン投手
記録した約169km/hだそうです。


日本人昔の大投手はどれくらい早かったのか?

ここで気になるのが、よく言われる昔の大投手が
どれくらい早かったのか?

この話題では無いでしょうか?

あの沢村栄治投手は170km/hでていた。 とか。
他にも、
金田正一、米田哲也、尾崎行雄、江夏 豊、山口高志
村田兆二、 稲尾和久

などなど、大投手が上げられるわけです。

はたしてどのくらいの球速があったのでしょうか?

当然正確な球速は分かりませんが、面白い記事がいくつか有りました。

まずはコチラの動画(速球王)


そしてもう一つ、
コチラのサイト中段に中京大学が分析した
球速が掲載されています⇒一回裏:沢村栄治の球速は?再び
ピッチャー速い球を投げれれば良いわけでは無いですが、
やっぱり魅力ですよね!

あれ、バッターの立場からしても嬉しくなるんですよね
三振してもなんか気持が良いっていうか、スッキリというか・・・

豪速球というのはそういうものじゃないでしょうか。


この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー