熱中症の対策と予防 - 症状は頭痛・めまい・発熱・嘔吐に注意

熱中症対策に水分補給

私も3年前に経験があり、
その恐ろしさは身をもって
知っています。

つい先日も全国各地で猛暑を記録し、
多数の方が熱中症で搬送されるという
ニュースが流れました。

どう考えても運動会や体育の授業の
在り方を考える必要がありそうです。

同時にスポ小や各チーム・クラブの
活動も対策が必要ではないかと・・・

暑さが尋常ではないので、
いつか夏の大会で事故が起きてしまいそうで、
不安になります。


熱中症対策はまず体調管理から

私も経験者なので分るのですが、
熱中症は暑さよりも体調だと感じました。

私の時はそれほど暑くなかったからです。

水分補給もしていたつもりでしたが、
普段の状態と、
調子の悪い日とでは、
全く違った結果になると思います。

特に子どもたちの場合、
  • 寝不足
  • 下痢
  • 発熱
  • 体のダルさ(不調)
こういった時は細心の注意が必要ですね。

そしてもう一つ重要なこと。
最近では当たり前になっていますが、
「塩」ですね。

私も夏になると塩飴をいつも持っています。

スポーツで熱した身体にすばやく電解質補給電解質スピードチャージ!塩熱飴スポーツ 80g入り
↑こんなのですね。


熱中症の症状とガイドブック

いろいろな症状があるともいますが、
私の場合
  • 吐き気がした
  • 頭がガンガンしてきた
  • フラフラしだした
  • 体が火照っている感覚
こういう症状が出始めました。

そして気が遠くなっていったんです。

まさか自分が熱中症なんて考えても
なかったので悪い病気だと勘違いした
くらいです。

理解を深めるために専門的なサイトを
参考にしてください。

日本体育協会の熱中症対策と予防のガイドブック

対策グッズや便利グッズは↓





この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー