冬場の少年野球練習法(自分を知る)

xf2915054526x

こんにちは。

11月も最後の週になっちゃいました。

1年、早いですねー^^;

何もない1年でしたが、
突然の災害や病気、
いつ何があるか分かりませんよね。

何も無かったと言うことは逆に幸せなのか??
などと毎日 訳の分からない考え事をしています。


それでは、
今日からは冬場の練習法をボチボチ紹介させて
頂こうと思います。


またまたイチロー選手の話から入っていきますが、
イチロー選手は、自分の身体を入念にチェックすることで有名です。
チェックもそうですが、手入れもそうですね。

とにかく、自分の身体を知るように努めています。

自分の事を知るって事を、痛感した話もあります。
最後にでも余談として書きますね。

実はこの自分を知るという事が凄く大事なことで、
難しいことの様に感じますが、そういう時間を持つ事も大切です。
5.6年生からで十分なのでこういうのもいい癖になります。

4年生までは冬場は色々なスポーツに挑戦して欲しいです。
そこから思わぬ才能が出てくるかもしれません。
そして色んな事をやって損することは無いですからね。
(注:故障に繋がるような事は十分気をつけましょう)
(例:入念なウォームアップなしにドッジボールを全力投球など)

冬の課題を決める前に

上手くなりたいと真剣に思ってる子供たちは、
冬場の自主練習なども考えている頃だと思いますが、
まず、何を磨こうとするのかを考える前に
是非、自分を知ることから始めて欲しいと思います。

これは、シーズン中ではなかなか出来ません。

まだ実践的な練習も出来ていると思うので、
今のうちにビデオ撮影をじっくりやってもらいたいです。
長ければ長いほど良いですヨ。 長いほど、自分の癖などが
たくさん正体を現します。

1年に1度は是非ビデオに撮ってもらいたいですね。

変化が見れて楽しい部分も有りますし、宝物になりますヨ。

自分の欠点を探す

やはり目標とする選手の投球フォームやバッティングフォームを
じっくり見て欲しいですね。 
そして、頭に焼き付くくらいにイメージして欲しいです。

それから、自分のフォームを観察する。
出来れば、動画か連続写真がいいですね。
携帯やスマホの動画でもOKです。
最悪ガラスを見ながらでもやってみて欲しいです。

必ず欠点が見えてきますから。

バッティングなら、
  • 構えはキッチリしているか?
  • スタンスはオープンになっていないか?
  • TOPの形は決まっているか?
  • ステップしたときにつま先が開いていないか?
  • テークバックしたときに肘が下がっていないか?
  • テイクバックしたときに体重が後ろに乗っているか?
  • スイング時あごが上がっていないか?
  • スイング時ひざ・腰・肩の開きは早くないか?
  • ドアスイングになっていないか?
  • フォロースルー時手首をこねていないか?

  • 大体、こんな所でしょうか?

    このへんに注意してると必ず見えてきます。

    是非、一度はやってみてください^^
    絶対役に立ちますから。

    出来れば、監督さん・コーチ陣に見てもらうのが
    良いですが、的確なアドバイスが貰えそうに無い場合は、
    知り合いや、友人に、指導できる方がいないか?
    誰か指導できる人を紹介してくれないか?
    探してみましょう。

    えっ? そんなことするの?って思いますかー^^

    今は個人向けの野球教室(道場など)が沢山有ります。

    やってる方はやってますよ。
    皆には内緒でやってる方が多いんじゃないでしょうか^^

    せっかく、バッティングの悪い癖が出やすい部分を
    紹介できたので、次回は個別に改善方法などを考えて見ます。

    それでは、今日も文章だけのブログですが、
    最後まで有り難う御座います。

     

    沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
    是非是非! 1票くださーい^^
    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村

    この記事にコメントを書く

    トラックバックURL

    サイト内検索
    メインメニュー