少年野球指導者の大きな間違い

let0030-004

こんにちは。

そろそろ忘年会シーズン。

今年は不景気なので回数も少なめで、
締めくくりが欲しい飲み会だけにしました。

そろそろ本格的な冬に突入しますね^^;
冬の練習メニューを考えなきゃですね。
私も新しい書籍など探しています。


本題ですが、最近あちらこちらから、
「礼儀の練習」
「行動の練習」

などと言った言葉が聞こえてきます。

あくまで狭い地域の話をしておりますので、
皆さんが知ってるチーム・入部してるチームがって
事ではありません。


この冬の練習の中で、礼儀と全体行動に対しての指導を
メニューに組んでるって話を聞きました。

最近、とにかく礼儀や全体行動が守れない子が多いと
友人なんかは言います。

私が、
「厳しくしてやらないと中学・高校で苦労するよ」
って言うと、

「もう10年前とは全然違う」
「現場にいないと分からない」
なんて、お叱りを受けます。


ですが、話を聞いてみると、
入部時の規則の中にも明記されていない。
チームとしてどうするのかも徹底していない。
1年生からの入部を受け入れるのに、ただの遊び場になっている。


チーム事情もあるでしょうし、指導者の人数が少ない上に礼儀まで、
徹底的に指導してはチームが運営できなくなってしまう。 
などの問題もありますよね。

キッチリ出来てる子まで、野球が出来ない環境になってしまう
可能性もあり、なかなか厳しく出来ない。 
そういう意見も聞きます。


難しい問題ですよね。。。


いろいろ監督さんの話を聞いて、大きな間違いだなーって思ったのは、
低学年の子供を放置しすぎではないのか?って事ですね。

まだ3年生だから、2年生だから・・・
あまり厳しくしてもねー・・・


なんて、
そんな気持ちが子供に伝わってるから、そのまま高学年に
なっても礼儀や行動がしっかり出来ないのではないでしょうか?

むしろ低学年だから、保護者の方に説明して、
「ちょっと厳しすぎるくらいに礼儀を重視します」
そういっておけば協力もしてくれますよ。


もう一つの間違いは、
低学年だから楽しく野球をさせてやりたい。
って意見を多く聞きますが、グランドの中も外も同じような
感覚では駄目ですよね。

 
やはりグランドに入るからには、キッチリやらないと駄目です。
ですから、グランド外ではヘラヘラしててもいいですが、一旦
グランドに入ったら、目つきが変わるくらいに集中させることを
低学年から教えるべきだと思います。

とは言え、
グランドの中でも楽しくやる時はやってもいいんです。
だけど、ココからはって時は、

「みんな! 集中していくぞ!」
って、チーム全体の掛け声みたいなものが必要ですね。

ということで、私の知っている監督さんに向けて発信してみました^^


ではでは、そろそろ忙しい時期になりますが、
風邪などには気をつけて、いい感じに終わりたいですね^^

沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー