目標と自信そしてやる気

sentaku

ありきたりの話ですが、
やっぱり、目標をクリアできた時って
凄く嬉しいし、自信になりますよね。

私は、子供たちと課題を共有するときに、
目先の目標と少し先を見た目標と二つを
目指して取り組む事を心掛けていました。



ちょっと、話は変わりますが、
友人の子供さんが入っている野球チーム(リトル)で来季
監督さんが交代するそうで、先日、新チームの方針説明会
みたいなものがあったとかで、新監督としての方針を色々と
聞いてきたそうです。

この新監督さん、元プロ選手(1軍経験なし)という事で、
かなり、自信満々、
「黙って私に付いて来なさい」ってタイプだそうで。

保護者に説明があった中で、目標設定をさせてくれって
項目があったらしく、
更に、
「目標は、将来自分がどんな選手になりたいか」
「そうなる為にどんな自主練習をやっていくのか」

この2点だけで良いって事らしいです。

まっ、これだけならまだ良いですが、
「目先の目標などは要らない」
「目先の目標ばかり追いかけるから成長が遅い」

と・・・・

どっかの企業の社長さんが言いそうな言葉でしょ。


皆さん、どう思われますか?

私は、少年野球では目先の目標のほうが大事だと思って
やってきました。

例えば、
3年生の子供の目標が、リーグのホームラン王になることだったとします。
ですがこれは、目標というよりも夢に近いですよね?

多分、日々の自主練内容は、

  • ランニング
  • 素振り
  • 握力強化
  • ティーバッティング
  • こんな内容になってくると思いますが、
    この子が自信を付けるのはいつになるのでしょうか?

    ひょっとすると、自信が付かないまま挫折の繰り返しで
    嫌になるかもしれませんね。

    よく、スポーツ関係のセミナーなどに参加すると、
    やる気は自信から生まれる。
    なんて話が出てきます。  

    「はいはい」って思ってしまいますが、じっくり観察すると、
    やる気が無いのではなくて、自信が無いのだと感じる子供や
    チームが増えているのではないかと最近思ってしまいます。

    今の子供は、自分と比較するものが沢山あるんですよねー。
    小学生なら、どんどんネットで検索して事実を知れます。
    テレビでも直ぐに面白がって取り上げます。
  • 全国には凄い子が沢山いるんだ
  • 僕はあそこまでは出来ない
  • 自分の球なんて普通だ
  • 特に、気にしていないようで、しっかり意識には入ってしまいます。

    それを払拭できるのが、
    目先の小さな目標を積み重ねて、目標を達成したときに、目いっぱい
    褒めてやり自信に繋げる。 これなんじゃないかと思います。

    残念ながら結論が出る前に引退しちゃいましたが、
    今でも友人の監督なんかを通じて成果も確認していますので、
    方向性は間違ってないと思います。

    この辺が、微妙にチームの盛り上がりなんかにも関わって
    来るんですよね・・・。

    難しいとこです。



    要注意事項

    ただ単に褒めまわす保護者・指導者の方を見かけますが、
    これって、あまり自信には繋がりませんので・・・

    あまりやりすぎると、子供も勘違いしてしまいますし、
    注意が出来なくなっていきます。
    (参考記事)
    課題を決めて褒める
    褒め殺しになってませんか
    褒めると認めるの差は?


    小さな目標の積み重ね。
    冬場は絶好のチャンスです! 

    別件ですが、サムライJAPAN大丈夫でしょうか?
    明日、キューバと親善試合が有りますが結果が非常に気になりますよね・・・
    若手でどれくらい戦えるか楽しみでもありますね。



    今日も最後まで読んで頂いて有難うございます。

    沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
    是非是非! 1票くださーい^^
    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村




    この記事にコメントを書く

    トラックバックURL

    サイト内検索
    メインメニュー