中学軟式野球部と硬式クラブチームの選択

sentaku

こんばんは^^

少年野球での6年生は、
そろそろ引退の時期になって来ました。

中学に上がっても野球を続ける
子が沢山居ると思います。

家庭内でも、野球の進路を
色々話しあってたりするのでしょうね?


少年野球卒業後の進路

中学の部活にするか・・・
硬式のクラブチームに進むか・・・


これは、選択する選手の目標や状況によっても
異なりますので一概にどっちが良いとは言えないのですが、

高校でも野球を続ける、甲子園を目指す、硬式をやる
こう考えているのなら、私なら硬式のクラブチームを選択します。

よく、高校に入ってから、ボールに慣れるまでに時間がかかるので、
中学の部活からの選手は、なかなかレギュラーにはなれない。
指導を受ける環境もなく硬式を握るので故障の可能性が高い。
などと言われますが、

私、個人的には、上記のことをそれほど感じません。

中学の部活からでも、凄い選手は沢山居ますしね。
故障の面は確かに注意が必要ですが、これはしっかりケアすれば
同じ条件ですから大丈夫だと思います。

そんな理由ではなくて、指導の現状です。

全体的に考えての話なので、それが皆さんの地域に当てはまるか
どうかは分りません。 それはしっかり確認してくださいね。

私の地域、その周辺を見て(中学12校とクラブチーム2チーム)
感じるのは、圧倒的な指導力の違いです。

中学の部活は、ほとんどの学校が監督1名で指導します。
多くても、顧問がつくぐらいです。

それに比べ、硬式のクラブチームでは、
(私が見ているのは2チームでボーイズリーグ所属) 
監督1名、コーチ陣3名~5名です。 チーム代表も居ますね。

その他にも、トス投げやノック、バッティングピッチャーなどは、
保護者の方が応援で入ったりしています。

そして、監督、コーチ陣はそこそこ野球の経験が豊富な方が
就いています。

教え方や教える技術は、各チームごとに違うでしょうから
何とも言えませんが、やはり指導が行き届くという面は
どうしようもない差があります。

逆に、要らない指導をする可能性が無いことはないですが、
例えばノック一つとっても、部活では一人10本がいいとこですが、
クラブチームでは20・30本も可能です。

バッティングもそうですね。 しっかり打ち込んだり出来る可能性は
クラブチームのほうが高いと思います。

これがクラブチームを選択する理由です。
そして目標が、高校に行って硬式をやるところにあるのなら、
まさしく、高校進学時に通用する選手を育てる、適用できる選手を
育てる目的
でやってますので、目標も一致するわけです。



クラブチーム選択での注意

少年野球を経験されている方なら、大変さが分かると思いますが、
クラブチームではその大変さが続く事になります。(恐らく)

そして、クラブ会費、遠征費、積立などなど、中学の部活よりも
費用はかかると思います。

その辺は覚悟を決める必要が有ります。



最後に感想

私は数年前まで、中学まではどっちでも良いのでは? って思って
居たのです。 むしろ、中学までは軟式で楽しくやれば良い。って。

しかし ここ2・3年、特に、中学での部活に勢いが有りません。
あくまで私が見ている範囲だけの話ですが、あまりにも緩すぎて
ヤル気や向上心が有る子供にとっては、悪影響が出そうで、
考えが変わってきています。

皆さんの地域の部活とクラブチームと、親の負担などを考慮して、
子供にとって最善の道を選んであげたいですよね。

クラブチームを選択して、体格面などで芽が出ない子も出てきますが、
心配いりません。 高校で体格が出来上がり、ググッと上達する子も
沢山います。 

身体が成長する伸びしろが有るうちは、野球も突然成長する可能性は
十分にありますので、支えていきましょう。


沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー