少年野球での試練

a0001_007029_m

こんばんは^^

新チーム結成が近づいてきます。
毎年毎年、問題になってくるのが、
レギュラーから外れた子供たちへの
ケアです。

中には5年生までレギュラーだったのが、
新チームで外れてしまう。
こんなことも起こり得ますよね。

しかし、この経験って、ステップアップの重要な要素になります。



これは保護者の方にも言えることですが、
「甘い言葉なんて要らない」 ですよ。

かと言って、
「レギュラーにもなれない奴は辞めてしまえ!」
これは最悪です。

少なくとも、
レギュラーになれなくて、落ち込んでいる時点で、
努力もしてきたし、野球も好きなんですよ。
そこを理解するところから始めたいですよね。


だいたい目に付くのが、パワー不足でレギュラーから
外れるケースです。 
どうしても体力的に見劣りしてしまって、控えに回る。

腐ってしまう子も沢山居ます。 
「どーせ、チビだから」

以前の記事で、
スピードが駄目ならコントロールを磨けばいい
↑このへんの記事も参考に出来ると思います。


何が足りないのか

レギュラー争いに負け、落ち込んでいる子供たちに
甘い言葉は必要ありません。 逆に逃げ道を作ってしまいます。

もし背が低くて、パワーで負けているなら、
なにが勝てるのか?
なにを磨けばよいのか?
なにに取り組めばよいのか?

一緒になって考えて、乗り越えてもらいたいと思います。
時には、課題を与えて挑戦させて欲しいですね。

もし私の息子が少年野球で背が小さくレギュラーから外れたとしたら、
徹底的にミートする技術を教え込みます。
フルスイングを捨ててでも、とにかく10割芯でミートできるように練習します。
こんなとき、
★送料無料★トスマシーン オートリターンがあると効率的に出来るんですけど、
無理なら庭や車庫にネットを張って、毎日100・200とトスをあげてやってください。

まだまだ勝負はこれから!
負けずにガンバロー!!

沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー