レベルに合わせた指導法が大事

let0030-004

前回は、チームにおける
TOP(リーダー)に関して、
考えてみたのですが、

私のとこに回ってきた問題も、
一応片付きましたので、
変にゴタゴタしなくて良かったです。



新監督さんも、非常に良識があって
熱意も相当なものなので、きっと良い方向に転ぶと思います。


先日、保護者会と指導者側の話し合いに
世話役として立ち会ってきました。
もちろん、口出しは無用で。
(世話役会の事はまた別途書きたいと思います)

だいたい、
話し合いと言っても、皆さん言いたい放題だし
結論なんて出ないのは分かっていますので、
私は聞くだけで、監督さんが上手く纏めてくれました^^


そもそも保護者側からの苦情で始まった話し合いですが、
私が今回気になったのは、保護者の皆さんの言い分です。


高学年の親御さんは、
「あまりにも厳しすぎる」
「まじめにやってる姿も考慮すべき」
「名指しで責めるのはやめて欲しい」
こんな意見ばかりです。 新監督さんの言い分は、みんなの
実力を早く知りたいので、積極的に選手交代しているだけ、
名指しで責めるのは、あまりにも自覚がないから。
っと、至極まっとうな言い分でした。

低学年の親御さんからは、
「もっと練習に参加させて欲しい」
「監督さんから指導を受けたい」
「高学年と同じような練習メニューにして欲しい」
「低学年でも上手い子はどんどん使って欲しい」
こういう感じの意見でした。
新監督さんの言い分は、後ろから先輩のプレーを見るのも
立派な練習ですし、高学年と同じメニューにしても意味が無い
まだまだヘタクソですから。 とキッパリ。

新監督さんと、この話し合いのあと話をさせてもらいましたが、
ここ数年、特に低学年の親御さんから、「早く野球をさせろ!」
って感じの意見が多いそうです。


そんなに急いで何処に行く?

私は新監督さんと考え方はあまり変わりません。
「ヘタクソだから」って言うのはあまり共感できないですが、

低学年には低学年の練習があると思っていますから、

最近良く耳にするのが、
低学年のジュニアチームを作った。
チーム内をAチーム・Bチームに分けた。
低学年と高学年の練習日をずらした。
色々聞きます。

チームや練習日を区分して、低学年が野球をやる機会を増やすのも
時には有りでしょう。 あくまで時にはです。


先輩のプレーを見て、先輩が指導されているのを見て、
時には先輩から叱られて、時には先輩から教えてもらって、

そういうのが少年野球の最も大事な部分なんです。
ちょっと言い過ぎかもしれませんが・・・
とても大切な部分です。

だから私は低学年には野球はほとんど教えません。
ボールの投げ方や捕り方。 バットの握り方振り方。
そんな基本だけです。

あとは必死で先輩のプレーを見て、
「僕もあんな風にホームラン打ちたい!」

誰から言われるのでも無く、自分で自分のやる気に火をつけ
「よーし、僕もああなる為にブンブン素振りやるぞー!」
って、こうなれば、ドンドン上手くなるんじゃないでしょうか?!


これは、高学年・低学年と分ける必要もないのですが、
ハッキリ分けたほうが揉め事も少なくて済むし、
変に子供たちを傷つけたりもしません。


やっと最後になってタイトルが出てきましたが、
低学年には低学年の
高学年には高学年の
指導の仕方って違いますよね。
もっと言うと、本来は各個人別に指導方法は違う筈なんです。

ここまでは悔しいですが出来ませんけどね・・・

子供たちが自ら上手くないたいと思えば、
ドンドン上手くなりますよ^^
きっと。

低学年の保護者の皆さん、先を急がず
まずは子供達にやる気になってもらいましょう!

沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー