統一球でバッティングが変わる?

ball

こんばんは^^

オリンピック面白いですねー。

なぜか今回のオリンピックは、
かなりムキになって見ています。

お陰でここ1週間ずっと寝不足で、
かなりバテてきましたが、

私も熱中症経験者なのであまり無理はせず、
最後まで応援します。

今日明日は、女子・男子のサッカー準決勝!
応援する方も沢山いると思いますが、
夏バテには注意しましょう。


では、本題にいきます。

統一球でバッティングが変わる?

昨年からプロ野球では統一球が使用されています。

そもそもこの統一球? ってなんなのか・・・
字の如く、試合球を統一しようと言うものです。

今までは、各球団が任意で選んでいたんです。(確か4社の製造ボール)
統一されていない訳ですから、当然ボールによって飛ぶ・飛ばないが
あったらしいです。

これが不公平ということと、国際試合の試合球に近づけるという意味で、
Mizuno製のボールに統一されたわけです。(2011年から)


打撃への影響

採用された統一球の特徴で一番影響しているのは、低反発だということでしょう。
その他にも縫い目なんかも違うようですが、やはり飛ばないボールというのが、
一番の影響だと思います。

これによって、ピッチャーは大胆な攻めの姿勢で組み立てられるように
なってきていて、余程甘いボールでない限り、
「ホームランにはならない」
そんな風に思ってるんじゃないでしょうか。

打擊への影響を数字で見てみると下記のような感じです。
2010年2011年を比較しています)

1試合平均ホームラン=1.9本1.1本(4割減)
両リーグ打率=2割6分9厘2割4分7厘
両リーグ安打数=15746本13891本(1割減)

両リーグ防御率=4.033.00(約3割減)

並べて見るとビックリするくらいに影響が出ています。

2012年もこの傾向は変わっていません。


打擊の変化

この統一球では、ミートポイントを比較的前に持っている選手が
影響を受けにくいと言われています。
(西武の中村選手や、ソフトバンクの松田選手など)

各球団、各選手、様々な取り組みで、統一球に対応しようとして
いるようですが、今のところ克服できていません。


私達が少年野球をやってた頃は、
脇を閉めて上から叩け!
ミートポイントは前で!
これが主流でした。 その後もしばらくこれだったと思います。

そして今は、
極力ボールを引きつけ
スイングはフラットに
こうなってきています。


今回の統一球で、どんな打撃理論が展開されていくのか?
楽しみでもありますネ!

統一球では、今までのボールよりも数センチ程度ボールが沈んで、
ホームベースを通過するそうです。
ひょっとすると完全なアッパースイングが有利に成るかもしれないですよ(^O^)

あまり長くなりすぎて、尻つぼみの記事でした^^; スミマセン。

こういう事があって、野球の基本というものは姿を変えていきます。
ちょっと注目したいなと思い書いてみました^^


では、最後までありがとうございます


沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー