自分のルーティーンを作る

mb0010013472x

こんばんわ。

ーティーンって言葉を聞いた事
ありますか?

会社などでは、
ルーチン作業と呼ぶことが多いですが、

「繰り返す」「日常的な」という意味です。

野球では決まった準備動作と言っても良いですね。

イチロー選手もバッターボックスに入る前には、
決められた行動がいくつもあります。
(その一つがこの素振りですね↓理由も説明されています)

しかも、毎回、同じ順番・速さで行われています。

もっと言うと、家を出る瞬間から分刻みで始まってるそうです。

ここまでは、私たちにはムリですけど^^;

ですが、練習や試合中のルーティーンは私たちにも
簡単にできます。

そうです。 自分のルーティーンを持っていれば、
誰でも簡単にできる事なんです^^


は、自分のルーティーンって何でもいいんですヨ。

例えばバッターでのルーティーンなら、

ベンチから出て、ネクストサークルまでの間に

  • 屈伸する(よし!いこうか)
  • 深呼吸する(心を落ち着かせる)

  • ネクストサークルでは
  • 一度ゆっくり素振りをする(ナイスバッティングを想像する)
  • バットを持ったまま目を閉じる(最高の結果を信じる)
  • 目を開きピッチャーを見つめ勝ちをイメージする

  • バッタボックスでは
  • 両足の位置をしっかり決める
  • ピッチャーに向かってバットを突き出す

  • こんな感じでOKなんです。
    (必ず最高の結果を頭に置いて動作を作ってください)

    これを、打擊、走塁、守備のプレーとプレーの間で
    自分のルーティーンを決めれば良いのです。

    もう少し幅を広げて考えれば、ベンチで控えている選手にも
    言えることです。
    (いつ出番が来てもいいように準備するんです)

    ンタルトレーニングでは、
    このプレーとプレーの間の準備動作こそが、本番で実力を発揮する
    重要な鍵だと捉えています。

    この理由の大きな一つに、きちんとした自分のルーティーン(準備動作)
    を行うことで、否定的な考えが自分の中に芽生えるのを防ぐことが出来ると
    言われています。 

    自分のリズムで、自分の決めた動作を行い、タイミングを取り、気持ちを
    整え勝負に入ることで、力を発揮できると言うことなんですね^^
    一流選手になればなるほどこだわるそうです。

    然、各動作の時は、ポジティブな発想でなければダメですよ^^


    こういうのって、才能なんて関係ないですからねー、
    自分で毎日毎日積み上げていくしかないものなんです。 
    だから面白いんじゃないでしょうか?!

    しかし、何をやるにも継続は難しいです(ToT)
    頑張るしかないって事ですネ。
      

    沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
    是非是非! 1票くださーい^^
    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村

    この記事にコメントを書く

    トラックバックURL

    サイト内検索
    メインメニュー