追記)バッティングのチェックポイント

Baseball Action

こんばんは^^

前回、バッティングフォームの
チェックポイントについて、
重要な箇所をピックアップして
記事にしました。

今回はフォームの話ではありません。

それ以前に大事な事がありました。

特に少年野球の子供たちには、常に意識して欲しいので追記します。


フルスイングが一番!

守備も走塁も打撃も、やはり一番の基本は全力プレーですネ。

いくら綺麗なフォームで打てても、
中途半端なスイングでは、
これが不思議とヒットにはなりません^^;

特に低学年では、バットに振られてしまう子も、
しばしば見かけます。

チーム内に合うバットが無いって事も有り得ます。

自主練習でお父さんが気付くこともあると思います。
「スイングが波うってるなー」、って

そんなときは、迷わず
バットを短く持ちましょう!
まずは指1本分・・・もう少しなら
指2本分・・・まだまだなら
指3本分。
指4本までいくとちょっと振りにくくなるので、
3本ぐらいにしておきましょうか。


短く持っても飛距離は変わりません

これ、勘違いしてる子が多いのですが、
「短く持ったらホームラン打てない」
って訴えてくる子がいます。

でも指2本ぐらいなら飛距離は変わらないんですよ。

私が実際に、
大事な場面(1点が欲しい)や
どうしてもタイミングが合わないピッチャーの時
自分の体調・調子が悪い時
等に指1本短く持って打っていましたから分かります。


短く持った場合のデメリット

どうしても、バッティングが小ぢんまりとまとまって
しまう場合が多いです。(もちろん例外もあります)

これも不思議なことに、短く持つ子に豪快さを感じた事が
ないんです。

実際には、世界の王貞治さんも短く持つタイプですし、
メジャーの青木選手もそうです。 ほかにも沢山います。
特に小ぢんまりしている訳ではないですが、何故か少年野球
ではそう感じていました。

最悪のケースは当てにいくだけ! って子も居ました。

この点だけを注意すれば、

短く持つことで、コンパクトにシャープに
バットを振り抜くことが出来ます。

長く持って
ブ~~ンなら
短く持って
ブンッ
の方がはるかに良いスイングの音ですからね^^


沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー