三振三振また三振

Baseball Ball

こんばんは^^

超がつくほど蒸し暑い日が続きますネ。
もうバテバテ状態です^^;

早く梅雨が終わればいいな・・・




今日は日曜日、すごく疲れたので寝ようと思ったのですが、
びっくりする記録をyahooのスポーツニュースで見てしまったので、
思わず更新しています。

こちらの記事↓
すっげぇ中学1年生!伊藤、6回完全18K

ちょっと、びっくりデス。
18人連続三振で6回(リトル規定)完全試合達成!だそうです。

中学1年生で130km。 これくらいなら他にもいそうですが、
リトルリーグってのがミソですね。

リトルの全国大会のようなので、本塁から投手間の距離は14.03mだと思います。
この距離で130km投げられると、11歳・12歳では打てないですかね。
(誕生月の関係で中学生でも出れるのでしょうね?)

しかし、まぐれ当たり! なんかもありますし。
18人連続三振っていうのは素晴らしいですよ。

こんな記録はもう二度と聞くこともないでしょうから、
思い出として書いてみました^^


三振が取れる条件

ニュースのことだけ書いても面白く無いので、
どうやったら三振を多く取れるのか?を考えてみましょう。

  • とんでもなく速い直球
  • とんでもなく鋭い変化球
  • 実践的にはこの2つぐらいじゃないでしょうか。

    コントロールも当然大事でしょうが、中途半端な速さじゃ
    狙って三振は取れないですよね。 当てられますからね。
    しかも追い込んだ後の外角低めなんかは、三振を取りに行く定番です。
    私がバッターなら、絶対、そこに意識を置いておきます。
    なので、すごく伸びがあって速い直球でもない限り当てるくらいは
    できますよ。 なので、これでは三振は取れません。

    一番三振が取りやすいのは、真中付近の高め
    正しく阪神の藤川投手が投げるような、とんでもなく速い直球です。

    ホントに昔むかし聞いた話ですが、
    元巨人の江川卓さん、三振を狙いに行く時は、相手選手が打ちに来る
    コース(得意なコース)に、全力でストレートを投げるって言ってました。

    あのホップするストレートが一番空振りが取りやすいそうです。
    打者も全力で振りに来るからだそうです。

    こういう勝負って面白いですよね^^

    ピッチャーは三振を狙い、バッターはホームランを狙う。
    面白い勝負ですよね。

    少年野球の間は、小難しい戦術や細々した作戦などなしに
    ガンガン勝負して欲しいですね^^


    沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
    是非是非! 1票くださーい^^
    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村

    この記事にコメントを書く

    トラックバックURL

    サイト内検索
    メインメニュー