良いピッチャーの条件

piching

こんばんは^^

良いピッチャーの条件って
どんなものが挙げられますか?

投球術まで出すとキリが無くなり
そうなので、

打者を抑えるボールの条件
になるとどんなものでしょうか?


打者を抑えるボール

  • 球が速い
  • コントロールが良い
  • ボールにキレがある
  • スタミナがある(球威が落ちない)
  • 変化球にキレがある
  • ボールの出処が遅い(見えない)
  • 緩急や角度は投球術に入れるとして、上記はすぐに
    思いつきますよね。

    しかし実際に少年野球の指導の現場で見かけるのは、球の速さと
    コントロールがほとんどです。

    そのため、ほんとうに良い素質があるピッチャーでもスピードを
    追求するあまりの投げ過ぎや上半身主体のフォーム改造のために
    ちょっとした故障が多くなります。

    ピッチャーは繊細です。 ちょっとした故障でも、そのボールは
    打者を抑えることが出来なくなります。

    下半身のほんの少しの使い方を変えるだけで、球質が全く変わることがあります。

    下半身を分析したピッチングスタイルを是非取り入れてほしいと思うんです。
    *次回、時間があればお伝えしたいと思います


    私の記憶に残るボール

    私が高校に入学した時の3年生にプロに行ったピッチャーが居ます。
    確かに速かったです。 当時144kmだと言っていました。
    今では大したことないスピードですが、当時の甲子園記録が147km
    位だったと思いますから、かなり有名なピッチャーでした。

    私は入学して直ぐの紅白戦で、この先輩と対戦しました。
    それまで経験したことのないスピードでしたが、芯で捉えた記憶があります。

    入学して1か月後の練習試合で、2年生で有名なピッチャーが居る高校と
    対戦しました。(このピッチャーもプロに行っています)

    この試合1打席だけ代打で使ってもらったのですが、
    当時、練習や紅白戦でプロ級のピッチャーと対戦していましたので、
    良いピッチャーと言われても、何とかなるという自信がありました。
    スピードも140km出るかどうかって言われていましたし・・・

    しかし、実際に1打席対戦した結果は・・・。
    三球三振でした。 おまけに全部真ん中寄りのストレートです。
    ボールがホップするんですよ。 今の藤川球児投手のような感じです。
    この時、私の頭の中からスピードが消えました。
    スピードなんて関係ないって。
    一番大事なのはボールのキレです。
    (もちろんキレがあるという事はそこそこ速い球になりますけどネ)

    次回はキレのあるボールを投げる方法をお伝えしようと思います。

    子供達には出来れば、下半身から先に作り上げて欲しいですね^^
    後が楽なので。

    沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
    是非是非! 1票くださーい^^
    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村

    この記事にコメントを書く

    トラックバックURL

    サイト内検索
    メインメニュー