褒めるvs認めるの差は?

806600

こんにちは^^

前回は、ホメ殺しになってませんか? 
って事で、お伝えしました。

今日はどんなコーチング法が
良いのかを考えてみたいと思います。

前回、伝えるべきでしたが、
コーチングとは教えることとは別物です。

本来のコーチングの目的は、相手が思う所に導くことです。


お父さん・お母さんコーチングの理想

コーチングで調べて頂けると解りますが、上記のような説明があります。
この意味からすると、お父さん・お母さんコーチングの最大の目標は、

その時々で子供の望む場所に導いてあげること
ですよね?

だとすると、
親子で初めてキャッチボール! なんて時は、
子供達は何処に連れて行って欲しいのでしょうか?

まっ、十人十色ですから分かりませんが、
  • 「キャッチボールも出来ない僕をけなしてほしい」
  • 「ビシバシしごいてほしい」
  • 「腕の使い方、下半身の使い方を徹底的に教えてほしい」
  • こんな事考えてる子は恐らくいませんよね?

  • 「お父さんと楽しくキャッチボールしたい」
  • 「お父さんとボール遊びしたい」
  • こんな感じなんじゃないでしょうか?

    じゃー、楽しければいいのじゃないですかね。
    「今日はボールが投げられたら合格点」(コレが課題です)

    そして子供がしっかり投げられたら、例えお世辞にもナイスボールとは
    言えないけど課題はクリアーです。 
    「凄いね。初めてなのに投げれたじゃん」
    これでOKなんですよね。

    これで子供は次も
    「お父さんキャッチボールやろう」
    ってなるんじゃないでしょうか。

    初めが重要

    特に最初の頃のキャッチボール、ボール遊びはその後の子供の
    やる気に大きく関わってくると思います。

    初めから、思ってもいないような言葉で褒めまくっても、
    子供はいつか気が付きます。
    「お父さんが僕にさせたいんだ」
    「全然駄目なのにいつも褒めてばっかり」
    そうならないためにも、良いと思ったことを認めてやれば
    それだけでOKですから。

    でしゃばり過ぎも禁物

    逆に、まともにボールを投げられない子供に対して、
    「そんな事も出来ないのか!」
    「もっと肩を上げて、胸を張って、腰を入れて」
    こんな感じでも大半の子供は嫌になりますよね^^;

    中には、気持ちを奮立たせて頑張る子供も居るかもしれませんが、
    遊び物はいくらでもある時代、普通なら他の事したくなりませんか?


    お父さん・お母さんコーチの悩み

    前回もそうですが、今回の話も、友人と話したときに出てきた内容です。
    5年ほど前から新入部員の希望者がグッと減ってきたそうです。

    それに加えて、続かない子供も沢山居て、チーム運営が危機的状況に
    なったため、友人監督が自腹を切ってコーチングセミナーを受講し、
    自分の経験も織り交ぜながら家庭でのコーチング法を校区内の保護者
    に対し勉強会みたいなものをやっています。

    保護者の方と色々な話をする中で、お父さん・お母さんコーチは、
    難しく考え過ぎだと思ったそうです。

    どうやって教えたら上手くなるんだろう。

    どうやって教えたらやる気になってくれるのだろう。

    どうやって教えたらこの子のためになるんだろう。


    子供の事を思えば思うほど、余計なんとかしたくなるのは当然です。

    そこをグッとこらえて、
    「とにかく認めてやる」「課題が出来た時だけ褒めてやる」
    これに徹するほうが、子供たちは驚くほどやる気になる!

    こんな感じらしいですよ^^
    コーチングに目覚めた友人監督推薦の方法です^^

    今日も最後までありがとうございます。

    沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
    是非是非! 1票くださーい^^
    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村

    この記事にコメントを書く

    トラックバックURL

    サイト内検索
    メインメニュー