内角外角の苦手意識をなくす

Batter

こんにちは^^

内角・外角の厳しい
コースの苦手意識を
なくそう。をテーマに
まとめてみました。
(右打者向けに表現しています)

私は外角が本当に苦手でした^^;


中3のときは、苦し紛れに全部カットする
意識で打席に立ってました。

中には、内角が苦手だと言う
子供もたまに居ますが、

外角ほど苦労することは無いと思います。


苦手意識を持ったまま中学にあがると、
修正するのが非常にしんどくなります。

最悪、カットだけで精一杯なんて事にもなりかねませんので、
内角・外角ともに、そこそこはこなせる様にしておきましょう。


コース別のスイングイメージ


  • 真ん中
  • 真ん中の球を、
    レフトに持っていこうとするスイングを
    よく見かけますが、
    基本は、
    真っ直ぐピッチャーに打ち返す事です。 
    スイングのイメージで言うと押し出す
    感覚が必要になります。



  • 内角
  • 内角の球を打つ一番のポイントは、
    左肘の引きです。 
    ミートするポイントは通常のスイングよりも
    前にないと、詰まってしまいます。

    内角が上手く打てない場合は、
    左脇が開いていないか
    ? 
    または、体が前に突っ込んでいないか
    チェックをしてみてください。 



  • 外角
  • 外角の球を打つ一番のポイントは、
    ボールを引き付けてそのまま
    ライト方向へ押し出す感覚です。
    一番簡単なイメージは、
    真ん中の球を打つ時よりも、
    さらに押し出すイメージで、
    ポイントが真ん中よりも、もっと後ろにないといけません。


    フォームを固めるためのティーバッティング

    文章で書いても、解りませんよね^^;
    なので、上の図でイメージをしてください。

    そして、下の動画を見ていただけると、少しは自分のスイングが
    思い浮かぶと思います。 

    あとは何百回もバットを振って、体に覚えさせるだけです。
    イメージして振る。 イメージして振るの繰り返しです。

    バッティングのフォームを固めるのは、ティースタンドが有効です。
    ボールを乗せるのはお母さんでも協力できますので、自主トレにも
    使いやすいです。

    この動画は、野球用品ベースボールタウンのバッティングティー:ミートポイント
    を使用したものです。 このティースタンドかなりの優れモノです^^
    (気になる方はミートポイントこちらを参照ください)



    沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
    是非是非! 1票くださーい^^
    にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
    にほんブログ村





    この記事にコメントを書く

    トラックバックURL

    サイト内検索
    メインメニュー