少年野球で盗塁が得意になる方法

7812340

こんにちは^^

GWも残すところ1日となりました。

私は相変わらず毎日仕事です^^;

今日は自宅で簡単に出来る
足を鍛えるトレーニングと

盗塁を得意にする練習法です。


足の裏を鍛える

足の裏なんてなかなか意識して鍛えませんよねー?
ちなみに私は一度もやったことが無いです^^;

とにかく地味な取り組みですが、ボーっと
テレビを観ているだけなら、やるのも良いと思います。

友人の監督さんから聞いた方法は新聞紙を足の指で
丸める方法ですが、YouTubeに似たような動画が
アップされていましたので参考にしてください^^

↑このトレーニングは、足の踏ん張りを強化するそうです。
盗塁や走塁のスタートの踏ん張りにも効果がありますし、
バッティングの足の踏ん張りにも効果的だそうです。

出来れば、小指側に意識を持たせるように行うと、より
効果的だそうですヨ。
(小指に近くなるほど、なかなか意識が伝わらないそうです)


盗塁が得意になる方法


↑プロ野球のテレビ観戦では良く登場するアングルですよね^^
私が少年野球を始めた頃、テレビでプロ野球の試合を見るときは
必ずやっていた練習なのです。
(当初は父親に言われて無理やりやらされてました)

自分で、ピッチャーの動きを見ながら
「ゴー」
「バック」
を瞬時に判断して声を出すんです。

「ゴー」は盗塁
「バック」は けん制です

不思議なことに慣れてくると、ほぼ当たるようになります。

私は少年野球の前半(小3くらいまで)の、この訓練のおかげで
盗塁が大の得意でした^^ ほとんど失敗しなかったです。

この練習法の良いところは、テレビだとピッチャーの動きを
全体的に漠然と見るんですね。 これで脳に自然とピッチャーの
動きがインプットされるんだと思います。(勝手に思い込んでます)

良くベンチやコーチャーBOXからだと、けん制を見破れるのに
実際に塁に出るとなかなか盗むことが出来ない子がいます。

これはピッチャーの足の動きを集中的に見ているんです。
もちろん頭に投球動作がインプットされていれば、
それでもスタートは切れるようになるのですが、
慣れないうちは、なかなか上手くスタート出来ません。


こういう練習は、ながら練習で十分です。
それでも1年・2年続けば大きいですよ!


それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただいて有り難うございます^^


沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪
是非是非! 1票くださーい^^
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へにほんブログ村

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー