動体視力を鍛える

re_002

こんにちは^^

今日もご訪問頂いて有難うございます。
ブログを更新していると沢山メールを貰えるので、
嬉しくなります。


先日お伝えした メンタルトレーニングの記事で紹介したサイトに
周辺視野拡大トレーニングと言うページもあります。


イチロー選手の本の中で、

視力は良くないですが、動体視力になるといいです。
こういうことは、自分で能力を見つけないといけません。

(「最高の自分を目指す イチロー89の言葉」より)

イチロー選手は少年野球時代、通り過ぎる車のナンバープレートを
瞬時に読んで、足し算するトレーニングを自分で見つけてやっていたそうです。


先日の記事に紹介したサイトで
速読の練習をしていると、
視野、視覚のトレーニングが目に留まり、
やってみたんです。

パソコンなので気持ちが悪かったですが、
目の運動ってなかなかやらないので、
たまには必要かな?とも思いました。

右の画像は見本です。
実際には、上記のリンク
周辺視野拡大トレーニングから
サイトにいってください。

視覚は鍛えられる

上記のサイトにあるトレーニングをしてください!
っていう紹介ではありません。

ただ、実際に視覚のトレーニングと言うのは様々あります。
残念ながら私は、この視覚のトレーニングを本格的に勉強したり
聞いたりしたことが無いのですが、

実際に視覚というのは、鍛えれば誰でも能力向上できる要素だと
言うんです。 

視力ではありませんよ。 視覚です。 よくビジョンと言われますね。

こういう練習も一流選手になるためには必要なんだろうなと、
ふと思ったものですから紹介しました。

野球には欠かせない要素ですよね。 とくに動体視力は誰が考えても
重要だとわかります。 

動体視力がよければ、球の見極めも良くなるでしょう。
今まで付いていけなかったスピードボールが遅く感じる
かもしれません。
瞬時に打球の見極めができれば、守備能力も向上します。

こう考えると、子供達に遊び半分でもいいので、
試させる価値はあると思いませんか?

私も書籍など買って、勉強してみたいと思います。
動体視力・視覚・ビジョントレーニング・イメージトレーニング
なんだかゴッチャになってややこしいですね。。。


子供たちにはイチロー選手の言葉とともに教えてあげると、
メチャメチャやる気になったりするかも知れないですしね。


子供って、たくさん可能性を秘めているので、楽しみです^^ 

可能性を引き出してやれればといつも思っていました。
実際にはなかなか難しいですけど、今は色々な情報を
得ることが出来るので、ほんとに良い環境だなーって思います。
(悪い面も当然あるのでしょうが情報は蔓延していますから)


今回も最後まで読んでいただいて有難うございます。

沢山の子供達にブログを見て欲しいです♪

是非是非! 1票くださーい^^

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

コメント一覧

この記事にコメントを書く

トラックバックURL

サイト内検索
メインメニュー